店主挨拶

 

Café  

2010721日に念願のカフェを開業しました。

会社を辞めて、なぜカフェなのか?

大学を卒業するときに、友人が「もういつでも好きなだけ喫茶店にいられる時が
過ぎたんだな」といったことをよく覚えています。私にとって、喫茶店という場所は、
コーヒーを飲み、食事をし、音楽を聴き、本を読み、勉強をし(そうでもなかったかな?)、
友と話す場所でした。1回入ると2~3時間はいましたね。ずいぶん店の人には迷惑を
かけたかもしれません。社会人になってからは、素敵な店やライブの情報を得るところ
でもありました。

 

店名のEncuentroはスペイン語で「出会い」という意味です。文字通り、ここで多くの
人が出会い、音楽や展示会など多様なイベントでの交流の場になればとの願いを込めて
名付けました。

 

Music   

 なぜスペイン語なのか?それは私自身が南米のフォルクローレという音楽をやり、
Encuentroという名曲もありますので、スペイン語にした次第です。店をオープンする
までに
2年半ほどの時間がありましたが、その間にも友人たちに来てもらって
「鎌倉山
Encuentro」(フォルクローレを楽しむ会)を半年に1回のぺースでやってきました。

店内の広さは約10坪。テーブルをはずすとイス席が30席できます。ジャンルを問わず、
多様なライブが実現できればと思っています。軽い飲食もできますので、その後の打ち上げ
にもご活用ください。

 

 

Space 

音楽以外にも展示会とか打ち合わせ場所にもご活用ください。
店舗以外に奥に約9畳ほどの和室もあります。

 

 みなさんのお越しをお待ちしています。こんなことができないかなというご相談も
お受けしますので、何かありましたらぜひご連絡ください。

 

鎌倉山のスナフキンこと 

Encuentro 店主 古山三修